●研究室のイベント、関連写真




2017年3月21日:平成28年度卒業・修了式後の謝恩会での一コマ。




卒業生1名が体調不良で欠席しましたが、今年もみなさんが無事に卒業、修了しました。






2016年7月3日〜9日:IUMRS-ICEM2016


シンガポールで開催された国際学会、
"International Union of Materials Research Societies -
International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM) 2016" に、
当研究室から3名が参加し、3名とも口頭発表を行いました。



まずは、M2の栗山裕貴君が発表。
発表タイトル:Carrier Concentration Dependence of Spin Transport in P-Si Induced by Spin Pumping



余裕の(?)笑顔。



つづいて、同じくM2の谷泰雄君が発表。
発表タイトル:Spin Transport Characteristic of Thermally Evaporated Pentacene Films by Using Spin Pumping



姿勢がよいですね!



2人とも、一人で乗り切りました!



最後に(別の日に)仕幸英治准教授が発表。
発表タイトル:Electromotive Forces Generated in Various Ferromagnetic Metal Films Under Their Ferromagnetic Resonance



写真は質疑応答中の様子。「相手の話はちゃんと聞こう!(by 仕幸)」。


 
発表おつかれさまでした。学会時間後のナイトセッション(写真なし?)もおつかれさまでした!







2014年8月9日:大阪市立大学オープンキャンパス。


当研究室も今年から、“磁気のふしぎ” と題して参加し、デモ展示等を行いました。

展示会場入口より。普段は実験室にしている部屋にて展示。


左のパネルは研究室紹介用。ご来場の方々は説明を真剣に聴いています。


当研究室のY. T.君がデモ内容を一生懸命に説明(?)しています。どんなデモをしているの?


当研究室のH. S.君が解説しているのは渦電流を可視化するデモ。
その前にモーターの原理を説明するデモがあります。
どちらも“フレミングの左手の法則”で説明できます!


説明が終わると、すぐに次のお客さんと入れ替わり。説明員(学生)は休む暇なし!


研究説明中のS. S.君。内容がちょっと難しいかもしれませんが、熱心に聴いていました。



台風11号接近中のため悪天候でしたが、たくさんの方々にお越しいただきました。ありがとうございました!
(オープンキャンパスは8月10日も開催の予定でしたが、暴風警報発令のため中止になりました)




2014年6月26日:HPトップ画像(4代目)。

大阪市大工学部B棟(2014年4月3日撮影)。







2014年4月3日:HPトップ画像(3代目)。

大阪市大工学部の中庭(居室から撮影)。(2014年2月14日撮影)。







2014年2月14日:HPトップ画像(2代目)。

関西空港に渡る橋(りんくう公園にて撮影)。(2013年6月30日撮影)。







2013年12月27日:HPトップ画像(初代)。

大阪市立大学工学部B棟前のイチョウ並木(2013年11月25日撮影)。







2013年11月7日:HP作成用にためこんでいた写真(その1)。

写真は蒸着装置群の一部です。
これはロードロック室内(写っているのはグローブボックスへの搬送口。写真の奥側にロードロック室があります)


こちらは成膜室上部の、とある場所のクローズアップ写真。


マニアックですね・・・。




2013年6月24日:実験装置等を旧職場から現職場に移設しました。

写真は現職場に運び入れたばかりの蒸着装置。
この装置はかなり大きいため、移設元にて要所ごとに分離してから運んできました。
写真に移っている人たちは装置メーカーの方々。まさに装置を再組立てしています。



移設後、装置は順調に立ち上がりました。
再組立て完了後の装置写真は「実験装置」ページに載せています。



Topに戻る

Copyright (c) Eiji SHIKOH Laboratry All Rights Reserved